北大路翼(俳句/歌舞伎町の松尾芭蕉)wiki!屍句会や砂の城って何?本もある?【激レアさん】




こんばんは、macoです^^

8/31【激レアさんを連れてきた。】

俳人の大路翼さんが登場します!

北大路さんは歌舞伎町の松尾芭蕉と呼ばれて、

その俳句がなんともアウトローらしいw

自身の派閥、屍派がある

屍句会なんてものも存在しているそうで。

さらに砂の城という

謎の場所があるという噂も。

一体これらは何?

北大路さんって何者?

気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

北大路翼(きたおおじつばさ)wiki風プロフィール

https://toyokeizai.net

名前:北大路翼(きたおおじ つばさ)

生年月日:1978年5月14日

年齢:41歳

出身:神奈川県横浜市

学歴:青山学院大学卒業

聞き分けの悪い子供だった

小学5年生の時、

俳人の種田山頭火に出会って

『かっこいいじゃん!』

俳句の道に進んだ北大路さん。

とにかく先生の言うことを聞かない子供だったそうで、

先生が

「彼(北大路)はクラスの中にいないことにします。だから、皆さんはいてもいないフリをしてください」https://toyokeizai.net

と言われるほど。

いや、先生なんて発言してるんですか。笑

今だったら大問題ですね。

それでも北大路さんは全く気にせず

大好きな俳句の本ばかり授業中も読んでいたら、

最後は先生から

『こんなに意地っ張りとは思わなかった。負けました』

って謝られたそう。

屈強な精神の持ち主だったんですねw

※追記

小学生の頃に作った俳句は、

『バカが傘をさしてる』

決してふざけてる訳ではなく、

自分のことを詠んで

エールにしたかったそう!

スポンサードリンク

小学校高学年で賭け事にハマる

小学校5~6年で競馬場に行ってました。

僕は子供の頃から背が高かったんで、怒られなかったですね。

当時のお小遣いは月1000円でした。競馬場までの交通費は500円で、当時馬券の最低購入金額が500円。

つまり1枚しか馬券を買えなかったんです。それでも当ててました(笑)」

https://toyokeizai.net

もはや何も言えません。

アウトローはこの時から

形成されていたのでしょう。笑

※追記

どんな俳句を詠んでも

老人たちにはボロクソ言われ、

俺のスタイルを貫いて見返してやる!

と、自分の見た世界を読むため、

アウトローな歌舞伎町に乗り込むことを決めたそうです。

高校で俳人に出会う

中学に行ってもアウトローな生活で

怒られていた北大路さん。

高校受験で志望校に行けず、

高校はある高校の特進コースへ。

普通の授業が6時間あるのに加え、

朝と放課後に2時間も補習があって、

部活動は禁止という

生活をしていたと言います。

卒業の時に、

部活動に入っていないから

卒業写真がないとなり、

その時に初めて先生と話したそう。

その先生が俳人だった今井聖さんで、

そこから先生がやっていた

俳句の集会について行ったりして、

本格的に俳句を始めたとのことです( ・∇・)

「集まってる老人が、老人の中でもはみ出し者の不良老人ばっかなんです。

わがままで、人の言うことなんか絶対聞かない。

ちょうど『同級生ってつまらないな』と思ってたときに老人に会えてよかったですね」https://toyokeizai.net

ここでもアウトローな人たちの

出会いを楽しんでいたんですね!

スポンサードリンク

ナンパ三昧の大学時代

大学に進学するものの、

同級生が面白くなく、

周りのおじさんたちと

サッカーの試合を応援して、

お酒を飲んで楽しんでいたが、

それもトラブルで行かなくなって、

それまであまり興味なかった

ナンパにのめり込んだそうです。

その時も俳句を読んでいたそう。

まだまだアウトロー、続きます。笑

就職するも辞めてフラフラ

出版社に就職するも、

あまりのブラック企業で給料はよかったが

お金に興味がなくモチベーションも上がらず、

1社目は半年、

2社目は5年で辞めてしまいます。

そこから当時一緒に住んでいた女性のヒモになり、

毎日井の頭公園でお酒を飲んでフラフラする日々。

公園のホームレスの人たちと仲良くなる中で、

ある日、

「桜の季節に井の頭公園に行き始めたんですけど、毎日毎日酒飲んでボーッとして暮らしてちょうど1年経ったとき、また桜が咲いたんですよね。

誰に言われるわけでもないのに、ちゃんと花は咲くんだって。

ものすごい感動しましたね。ジーンとしました。

あの1年は、いい体験だったと思います」https://toyokeizai.net

このタイミングで、

たまたま俳句パーティーで出会った

現在働いている出版社の編集者に誘われ、

今はその会社の編集部に勤めていらっしゃいます✨

※追記

北大路さん、『田中裕明賞』という賞を受賞していたんですね!

あの俳句の先生、夏井いつき先生も絶賛しているとか✨

スポンサードリンク

北大路翼の『砂の城』って何?

砂の城は、北大路さんが歌舞伎町でやっているアートサロンのようです。

https://toyokeizai.net

もともとは北大路さんのお店ではなく、

20代半ばで出会った

現代美術家の会田誠さんがやっていたお店

『芸術公民館』を引き継いだのが、

現在の『砂の城』とのこと。

芸術公民館は会田さんが

「海外にはアーティスト同士が議論する場所があるが、日本はそういう場所がなさすぎる」https://toyokeizai.net

と作ったお店で、

ここに北大路さんはずーっと通っていたそうです( ・ᴗ・ )

そのうち、会田さんが忙しくなり

「ずっといるなら、北大路くんが店をやりなよ」https://toyokeizai.net

となり、男だから城ってつけたかった!というのと、

いつ潰れてもおかしくないように砂と名付けたとのこと。

スポンサードリンク

北大路翼の屍句会って何?

砂の城の常連であった、

ライター・作家・ラジオDJの石丸元章さんと意気投合し、

お互い俳句をやっていたのを知らなかったのに、

『俳句をしよう!』となって

二人で街を歩いて作っている日々を

送っていた北大路さん。

その様子を見ていた人達が、

『自分も作りたい!』

俳句の輪が広がり始め、

お店で句会を開くようになったのが、

屍句会だそうです^^

雰囲気は完全アウトローw

みんな楽しそうに俳句を読んでる姿が

いいなあと思いました✨

こんなフラットな感じで俳句できたら楽しいし、

とっつきやすいかも( ・ᴗ・ )

北大路さんのは、

俳句で食えるようになることだそう。

「俳句だけで食えてる人はほとんどいないから。とりあえずは地道に「砂の城」の営業を続けながら、イベントをやっていくしかないのかな~と思ってますね。実際、オープン句会というのをやっていて毎回お客さん入ってくれてます」https://toyokeizai.net

俳句で食べていけたら、

平成の松尾芭蕉ということに

なるかもしれませんね✨

かっこいいです!

スポンサードリンク

北大路翼の本もある

すでに句会は3年ほど続いていて、

参加している人は200人を超え、

2000句を超えているそうで、

「従来の俳句にはない独特の面白さがありました。本にして、供養しないとなって思いました」https://toyokeizai.net

と、2017年に北大路さんが選んだ

『アウトロー俳句』が出版されています✨

https://www.amazon.co.jp

108句それぞれにも北大路翼の言葉にもいちいち感動できる。不良は優しくなければならない【北大路翼】 こんな句集は他にない。https://www.amazon.co.jp

綺麗ごとではない、リアルな人間の感情が俳句になって綴られていて、夢中になり読みました。俳句への既成概念がどんどん崩されていく一冊です。https://www.amazon.co.jp

歌舞伎町でのリアルな姿が

書かれているのかもしれませんね(*’▽’*)

これは絶対面白そう!

スポンサードリンク

北大路翼まとめ

歌舞伎町の松尾芭蕉と呼ばれ、

アウトロー俳句で注目されている北大路翼さん。

その素顔はやんちゃな反面、

俳句で自分のありのままを読んでいる

素敵な俳人さんでした!

北大路さんがやっているお店『砂の城』

で開かれている『屍句会』

名前こそちょっと怖いものの、

実態は楽しく俳句をフランクに詠んでいる人達でした✨

放送ではそんなアウトローな北大路さんの

エピソードが聞けると思うので、

楽しみにしていようと思います!

最後までお付き合い頂き

有難うございました^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする