加藤隆生(カトウさん)wiki経歴!脱出ゲームで稼いだ年収やバンドが凄い!【激レアさん】




こんばんは、macoです^^

1/10の激レアさん連れてきたに

従兄弟と何気なく始めたゲームが

世界中で流行っちゃったタカオさんこと、

加藤隆生さんが登場します!

加藤さんは『SCRAP』という

リアル脱出ゲームを運営する会社の社長!

ここ数年、脱出ゲームって

めちゃくちゃ流行ってますよね✨

私もSCRAPのゲームに行きましたが、

『そんな難しくないだろー』って

舐めてたら、全然クリアできなかったw

そんなリアル脱出ゲーム、

現在は600万人が遊ぶほどの

超人気コンテンツになっていますが、

その社長の加藤さんって

どのくらい稼いでいるのでしょうか?

もともと売れないバンドマンだったらしいですが、

どんなバンドやってたの?

気になったので、

加藤さんについて調べてみました!

スポンサードリンク

加藤隆生(タカオさん)wiki風プロフィール

http://alternas.jp/

名前:加藤隆生(カトウ タカオ)

生年月日:1974年9月14日

年齢:39歳

出身:岐阜県

学歴:同志社大学

現在、人気コンテンツのリアル脱出ゲームの

仕掛け人であるタカオさん( ・ᴗ・ )

ですが、大学時代はバンドマンになろうとしていて、

音楽で食って行きたいなぁ…くらいで

生きていたそうです。

そんなぼんやりだったので、

親からは『1回でいいから就職して!』と

言われて、地元の京都の印刷会社に就職。

ちなみにその理由は、

『フリーペーパーに載ってたやつで一番近いから。』

やる気なさすぎw

そんなもんで、仕事に全然希望も持てず、

『音楽やりたいんでやめます』と

わずか1年で退社。

そこからバンドマンを目指します。

この時、23歳。

スポンサードリンク

自宅警備員時代

ですが、めっきり芽が出ずで

親のスネかじりしているうちに

あっという間に29歳に。

しかも、練習してはいるものの、

傍で京都出身で東京に進出したバンドに

悪口を言いに行くと言う

謎活動をしていたそうです^^;

今のタカオさんからは想像できませんが、

結構やさぐれてたんですね。笑

このままじゃヤバいと、

ちゃんとプロのバンドを組んで、

その時に音楽活動を宣伝するために作っていた

フリーペーパーが、

現在のリアル脱出ゲーム会社『SCRAP』の元になっています。

SCRAPでリアル脱出ゲーム企画はサブコンテンツの一つだった

その頃、バンドの集客力をあげるために、

様々なイベントを開催していたSCRAP。

その中の一つが脱出ゲームで、

最初は150人規模で

『出口の見えない人生に、

“脱出ゲーム”はいかがかしら?』

の文章と共に開催。

これが瞬く間に人気が出て、

サブコンテンツだったのがいつの間にか

メイン企画に。

様々な企業や人が協力してくれるようになり、

現在は海外展開するまでに成長。

現在は世界中で600万人を動員した

とんでもコンテンツになっています!

集客のために闇雲にやっていたサブコンテンツが、

まさかのメインになっちゃったのが、

今日のリアル脱出ゲームだったんですね✨

人生、何があるかわからない。

スポンサードリンク

加藤隆生(タカオさん)バンドや年収は?

タカオさんが若かりし頃に組んだバンド名は、

『ロボピッチャー』。

4人で構成されていて、

リーダーは加藤さん。

一時期活動休止していましたが、

現在はワンマンライブをしていて、

活発に活動されています( ・ᴗ・ )

ボーカルをやってるのがタカオさん

脱出ゲームで稼いだ金額がヤバい

全世界で600万人も動員している

ビックコンテンツになった

リアル脱出ゲーム。

売れないバンドマンだった時は、

アルバイトをしながら活動していて、

その時の年収は100万円くらいだったそう。

それが、

ということは、年収は少なくとも1000万円以上!

2015年のツイートなので、

リアル脱出ゲームで稼いだ金額は

今までで4000万以上ということになりますよね。

ですが、お金で買える幸せはまやかしという

一言がすごく深いです。

一見、結果を見れば大成功ですが、

その裏にある人の気持ちって『稼いだぞー!』

って優越感じゃなくて、

何か人間的な暖かさなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

加藤隆生(タカオさん)まとめ

脱出ゲームの生みの親のタカオさん!

私もよく遊んでいたので、

この人が作った人なんだーと

調べていて面白かったです( ・ᴗ・ )

もともとバンドマンの方だったんですね✨

最後までお付き合い頂き

有難うございました!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする