山下メロwiki経歴!収入源が謎wファンシー絵オタクでなつかし部屋展とは?【アウトデラックス 】




こんばんは、macoです^^

1/9のアウトデラックスに

ファンシー絵みやげオタク

山下メロさんが登場します!

見た目の胡散臭さがまず怪しいメロさんw

もともとは会社員だったそうですが、

その道を捨ててまでファンシー絵に

ハマっている模様。

なつかし部屋再現展なる謎な展示会も。。。

ってかこの人、収入源どこ?

気になったのでメロさんについて

調べてみました!

スポンサードリンク

山下メロwiki風プロフィール

https://twitter.com/

名前:山下メロ

愛称:山下メロ院長

生年月日:1981年

年齢:38歳

出身:広島県

とにかく見た目が奇抜なメロさん^^;

もともとは普通にサラリーマンだったようですが、

あまりにもファンシー絵みやげにハマってしまい、

会社をやめてファンシー絵含めレトロ文化を

守ることが使命になっちゃったある意味激レアさんw

肩書きはレトロ研究家で、

主に80年の庶民文化の研究・保護をしているそうです。

自宅はキーホルダーで埋め尽くされていて、

なんと1トンあるとのこと∑(゚Д゚)

https://www.youtube.com/

ひぇー。

キーホルダーの他にも

ポーチ、コップなど色々なものがあるんですって。

今まで全国の土産屋さんを1000店舗以上歩き、

4000種類以上のお土産を入手しています!

マジモンのマニアですね( ∵ )

ハマったきっかけは小学生の時で、

中学で全部バッサリ捨てて、

大人になって運命的な再会して惚れ直し、

情報が廃れていたことから、

『この文化がなくなってしまうのは嫌だ!』

ガチハマりしたと言う、

ざっくりなプロフィールを

ご本人は語っています。笑

ファンシー絵の研究は2010年から始めていて、

もう10年目の超ベテランさん。

スポンサードリンク

山下メロの収入源は何?なつかし部屋再現展とは?

全国を旅しながら、

ファンシーグッズを保護しているメロさん。

会社員をやめているので、

収入源どうしているんだろう?

と気になって調べてみたら、

今のお仕事は、

●メディア出演

●本を出版

●オリジナルグッズの販売

をしているそうです。

ということは、主に印税・グッズ売り上げが

収入源な感じなのかなと思います( ・ᴗ・ )

メディアの出演は昨年は10本程度だったそうなので、

メインではない気がします。

どのくらい売れているのかわからないので

一概には言えませんが、

もしかしたらアルバイトをしながら

全国を旅しているのかもしれませんね。

※追記

アルバイトはしていないようですね!

本人がギリギリでやってると明言していました^^

怪しい感じでしたが…笑

スポンサードリンク

なつかし部屋再現展とは?

年に1度、なつかし部屋再現展という

アイドル、サンリオ、ファミコン、なめ猫、改造裏ボタン、ポケベル、ルーズソックス……1980年代~1990年代のファンシー女子部屋、ヤンキー部屋、ビデオゲーム好きな子供部屋、ギャル部屋などの一部を再現して展示します。
そして関連アイテムのフリマ販売もあります。展示品の買取も応相談!

https://koenjifes.jp/

フリマとファンシー絵グッズの

普及イベントをされているそうです✨

すごい昭和感!(・。・)

昨年は2日間、高円寺で開催されていて、

入場料金は無料で入れるそう。

山下メロまとめ

見た目がファンシーすぎて

奇抜な山下メロさん。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする