松岡みやび(ハープ・心理カウンセラー)の経歴!毒母のせいで病気で入院!?旦那やミヤビメソードについても【嵐にしやがれ】




こんにちは、macoです^^

6/1【嵐にしやがれ】松岡みやびさんが登場します!

世界的ハープ奏者として活躍している一方で、

心理カウンセラーとしても活動されているそうです!

…ん?ハープとカウンセラー?

なにやら聞きなれない組み合わせだなーと思っていたら、

それにはどうやら幼少期の過酷な経験が

影響しているような噂をキャッチ(´・ω・`)

そして童顔でかわいらしい見た目の松岡さんですが、

旦那さんはどんな人なのかなーとも気になったので

調べてみました!

スポンサードリンク

松岡みやびwiki風プロフィール

https://www.instagram.com

名前:松岡みやび

生年月日:1973年12月26日

年齢:45歳(2019.6現在)

出身:東京

出身大学:東京大学教養学部

お父様は小さい頃に離婚されたそうで、母子家庭で育った松岡さん。

幼少期はピアノとクラシックバレエも習っていたそうですが、

とにかくハープ漬けの日々で、

学校が変わる度に歩いて5分のとこに引っ越しては

1日8時間練習していたとのこと(・□・;)

USA国際ハープコンクール日本人初入賞、

ジュネープ国際コンクール3位入賞と世界トップ3に入る一流奏者になりますが、

それまでのお母様の教育がすごいです。

33歳までデートなし、携帯持ってない、門限は10時、

109パルコ知らない、自分で洋服を買ったこともない。

恋愛も禁止という毎日を過ごしていたそうで、

33歳の時、ついに反抗期を迎えたといいます( ̄▽ ̄;)

お母様が経営していたクラシック音楽事務所にいたけど、

退所して浅井企画に所属。

浅井企画といえば萩本欽一さんや関根勤さんがいる

お笑い事務所で有名ですよね。

さんま御殿のオーディションをノリで受けたら受かって、

反抗期から始めたバラエティータレントの

お仕事をするようになったそうです^^

そこから3年後、現在は株式会社ミヤビ・メソードを立ち上げて、

講師・心理カウンセラーとしても活躍されています(*´`)

そんな英才教育を受けて世界トップのハープ奏者として、

会社経営者としても素晴らしい活躍をされている松岡さんですが、

心理カウンセラーとしても活躍している背景に、お母様との壮絶な戦いや、

音大時代のトラウマがあって、

なんとまだお若いのに3回も入院することになってしまったそうです(´・_・`)

3回の入院と母親との関係

松岡さんは、解離性障害、メニエール病、抜毛症、低音型感音性難聴などを患っているそうです。

病気になったきっかけは、33歳で反抗期になり、

朝まで歌舞伎町で飲み明かし、渋谷のクラブで踊りあかし、

彼氏を作り、一人暮らしをするとなった時、

お母様が壊れたことから生活が一変したことがきっかけのようでした。

お母様https://www.instagram.com

「親を捨てるなら、私を殺してから出て行きなさい!」

と取っ組み合いの喧嘩になり、

松岡さんは指を怪我して全治4ヶ月の大怪我を負ってしまったそうで、

その時母親から

『あなたの指に保険金をかけておけばよかったわ』

の一言にブチ切れ、

お母様についに手を上げたそうです。

そこからお母様は、

「おまえは親を殺そうとした犯罪者!」

と松岡さんを罵り続け、子育てに失敗したとギャンブル依存症になり、

多額の借金を抱えていきました。

その返済は松岡さんがしていたようで、

返済が終わり母の元を離れて一人暮らしをしたあとも、

怖い顔で暴れているお母様の顔がフラッシュバックして、

吐き気や目眩が収まらなくなってしまったそうです。

そのため、今まで3回も入院をしてしまい、

音楽活動を10年間もお休みしていた時期もあったとのことでした。

お母様の教育について、インスタでこんな投稿がありました。

この投稿をInstagramで見る

【母と私】 my mother is a harpist, too. 今年、77歳になる母です🙆 ✴︎ 母もハープ奏者でした。 上品で、美人で、エネルギーあふれる いつも自慢のママでした。 ✴︎ 3歳のときに両親が離婚して 父がいなかったので シングルマザー&ひとりっ子。 だからこそ 私はママが大好きで ママも私が大好きで 淋しいなんて感じる暇もないくらい愛されて、 抱きしめられて、幸せに育ちました。 ✴︎ 子どもの頃から 習い事も、受験する学校も、部活も、見るテレビ番組も、聴く音楽も、弾く曲も、着る服も、食べる物も、受けるコンクールも、留学する国も、 ぜんぶ母が決めてきました。 ✴︎ 毎日8時間のハープ練習には 母が隣に座ってトレーナーをし、 学校の宿題は 母が代わりにやっていました。 塾にも、レッスンにも、母が車で送り迎えして、 付き添っていました。 ✴︎ 技を磨いて世界のトップ3にランクインするためには、 そのくらい当たり前だと思っていた。 だから 「門限10時」 「お酒禁止」 「恋愛禁止」 「携帯禁止」 というルールを33歳まで守っていたことに 疑問も感じなかった。 一人で電車にも乗れなかったけど、 それに不満もなかった。 ✴︎ でも 33歳のとき ふとしたきっかけで 自分で服を買い。 合コン行って。 お酒のんで。 彼氏ができて。 デートして。 携帯を買ってみた。 … そこから 「みやびちゃんはママの宝物よ」 と愛してくれていた母が壊れ始めました。 ✴︎ 「あなたは私の着せ替え人形よ!」 「あなたはママの作品なの!」 「私が生んだんだから、あなたは私のものなのよ!」 「結婚はあなたを不幸にする!」 「男は裏切るけど、仕事は裏切らないのよ!」 と。 毎日毎日、母と激しいケンカの日々が続いて、、、 ストレスで私が3回入院したときも 「弱いから病気になるのよ!」 と病室で怒りだして、 「この子は仮病です。医者より私のほうが娘のことを分かってるんです。退院させます!」 と 言ってお医者さんを驚かせた スーパーおもしろい母なんです…🤣 (つづく) #親子関係の悩み #母 #娘 #ひとりっ子 #過干渉 #毒親 #支配者 #人間の3タイプ #松岡みやび #ミヤビメソード #ハープ #音楽教室 #癒し #心理学 #心理カウンセラー #カウンセリング #miyabimatsuoka #miyabimethod #harp #harpist

ハープ奏者・心理カウンセラー 松岡みやびさん(@miyabi_matsuoka)がシェアした投稿 –

また音大時代も、

盗聴されて、楽譜破かれて、卒業試験も受けさせてもらえなかったじゃない。
海外のコンクールでは、
出来レースだったのに優勝候補より上手く弾いたから、予選でリタイヤするように拳銃を突きつけられて、日本大使館に逃げ込んで助けてもらったじゃない。

これは相当トラウマものですね。。。

下手したら人を信じれなくなりそうですし、

一生懸命弾いていたのにこんなだと弾く度にフラッシュバックすることも

あるんじゃないかなあと思います(;_;)

ですが、そんな辛い経験を乗り越えて

病気がなかったら、ミヤビメソードも
フェアリー弾きも誕生しませんでした。
テレビタレントも、心理カウンセラーも
やっていませんでした。
きっと今頃ずっと、コンクールの難しい課題曲を自分だけのために弾いて自己満足する演奏家になっていたと思う。

今では病気を前向きに捉えている松岡さんの言葉を聞いて、

どんな境遇であっても、とても辛いことでも、

いつかきっとこれが何か良いことに繋がることがあると

改めて信じられるなと思いました(*´`)

現在はお母様ともうまくやっていけているそうで、

お洋服をプレゼントしたり、電話したりとしているようなので、

いつかトラウマを乗り越えられる事を願って応援しております(*´`)

この投稿をInstagramで見る

#家族写真 My cousin(1st photo)My mother(2nd photo).They also play the harp. テレビでお話した従姉です✨ 紫色のめずらしいハープを弾いてます! #camac バルディック27 弦特注カラー #栄養士 の勉強をして 1日30品目の料理を毎日作ってくれてました。 グランドハープは優雅そうに見えて 190cm40kgあるので 国際コンクールの1カ月間勝ち抜き戦にそなえるために、アスリート並みの体づくりが必要になります。 ✴︎ 2枚目、ハープ奏者の母。 テレビで🦁脳と紹介しましたが、 ライオンさんにもパーソナルカラーによって、 色々なタイプがあります。 うちの母は 赤色なので… 元気! 明るい! 強い! と 三拍子揃ってます。 私がプレゼントした赤色のコートを着て喜んでるポーズ笑。 今月撮影した写真だけど 80歳にしては本当に若い‼️ 現役でたくさんの生徒さん教えてます。 ✴︎ 従姉も67歳だけど若いですね。 母は兵庫県生まれだから 親戚もみんな関西にいるせいか 笑ってるか怒ってるか喋ってるか飲んでるか、、、静かにしてるのを見たことがありません😅 あと 親戚はみんな自由業の人が多い。 美容師、映画関係、デザイナー、経営者、芸能プロなど。 ✴︎ ハープ奏者は普段すごく静かな環境で生活を送っているのに、バラエティー番組に出たとたん、 あの賑やかなお笑いの空間にすぐ溶け込めちゃう私は、関西人の血を継いでいるのかもしれません😅 (東京生まれ東京育ちだけど、なぜかときどき関西なまりがでちゃうし💦) ✴︎ 「クセの強い音楽家」とテレビ番組タイトルつけられたけど、そもそも家族・親戚がみんなクセ強いから… 普通の基準がわからないよ〜😱 #夢なら醒めないで #tbs #松岡みやび #ミヤビメソード #ハープ #楽器 #音楽 #心理学 #心理カウンセラー #miyabimatsuoka #harp #harpist #親戚 #個性

ハープ奏者・心理カウンセラー 松岡みやびさん(@miyabi_matsuoka)がシェアした投稿 –

スポンサードリンク

ミヤビメソードとは?

松岡さんを代表する言葉である【ミヤビ・メソード】ですが、

従来のハープ演奏は弾く弾き方をするので、血豆ができやすく、

腱鞘炎や頚椎損傷に苦しむ奏者があとをたたなかったそうです(´・ω・`)

そんな中で、『弾く』ではなく『歌う』をテーマにした演奏方法が

松岡さんが編み出した『ミヤビ・メソード』だそうです(*´`)

「音楽」「物理学」「心理学」の3つの分野の知識をあわせて、オリジナルの演奏法を開発しています。

奏法だけでなく、心理学の観点からも見ている演奏法だそうで、

ミヤビメソードが開発した
#フェアリー弾きは、過去でも未来でもなく
今ココに意識を戻す演奏法。
お客様に気合いを飛ばして技巧をひけらかすのではなく、
ハープの音にただ、ゆだねる。
今この瞬間の音だけに集中する無意識で
演奏するスキルです。

この投稿をInstagramで見る

#指が痛い #メソッド #お悩み相談 1st photo : my fingers. 2nd&3rd photos : fingers of other method school’s student. MIYABI METHOD is a unique method, that focuses on using the wrists&arms rather than just the fingers. Almost all harpists get blisters on their fingertips from pluking the strings too hard. 1枚目写真→私の指です。 2枚目、3枚目写真 →他流派の生徒さんの指です。 ✴︎ 強い音量を要求されたとの事で、全部の指に血マメや水ぶくれが出来ています…痛そう😱 ご本人の許可を頂いて、指に血マメと水ぶくれが出来るお悩み相談について、Instagramにて公開回答させていただきますね。 ✴︎ 「ハープを弾く=指を壊す=苦痛に耐えながら練習」 というのは、 ハープ業界の常識で めずらしい事ではありません。 ミヤビメソードが、 その常識をくつがえして 指を傷めない特別な演奏技術なんです。 (商標権を得ています) 私は今でこそ ポピュラー曲を癒しの軽やかな気持ちで(フェアリー弾き)していますが、 学生時代に1日8時間弾いていたときも、数千人客席の大ホールでソロコンサートをしていたときも、 オーケストラ伴奏でコンチェルトを演奏していたときも、世界のコンクールで賞を頂いたときも、一度も指が固くなったことがありません。 ✴︎ ミヤビメソードの技術を使えば、大きい音量を競うコンクール弾き(女王弾き)をしたとしても、タコすら出来ず常に柔らかな指先をキープすることができます。 それは、 私はハープを弾くとき 指の関節の力を全く❗️使っていないからです。 音を出すのは、肩甲骨周りの筋肉と手首と、丹田を中心とした身体全体のインナーマッスルを使っているのです。 ✴︎ それに対して、他のハープ奏者は、血マメが出来るのが普通で、ハープの共鳴板にはホラー映画のように💦血が飛び散っている事がよくありました。 ご質問のお答えですが… 「ハープに飛び散った血を拭くときは、絶対に水を使わないでください。共鳴板が湿気ると音が鳴らなくなります。 血が乾くと取れなくなるので、すぐに柔らかな楽器専用用布で乾拭きしてください。」 ✴︎ つぎに… 水ぶくれが出来てしまったときの対処法ですが… 私は経験ないですが、 先生や先輩達や私の母は水ぶくれがよく出来ていたので、その対処法をお伝えしますね。 ①細い針を消毒する ↓ ②水ぶくれの一番端(弦に当たらない場所)に針を刺す ↓ ③水をゆっくり抜く 水分はティッシュで拭きとる ↓ ④バンドエイドを巻く ↓ ⑤数日〜1週間ほどで固くなって皮が剥けて、新しい皮膚が育つのを待ちます。 ✴︎ ただ、新しい皮膚で強く弾くと、また血マメや水ぶくれが出来てしまいますので、その繰り返しです😭 「それを繰り返して固い皮膚を作り上げてこそ、一人前のハープ奏者よ!!」 と スパルタ指導する先生方が多いですが、 固い皮膚からは固い音しか生まれないと 私は思っています。 近日中に、 ミヤビメソード技術のレッスン動画コースがスタートする予定ですので、 遠方でご興味のある人はぜひ通信教育で指を傷めないメソッドを学んでみてくださいね💕 ✴︎ 柔らかな指と 楽しい気持ちから 美しい音色を生まれます✨ 全国のみなさんが 苦痛なくハープを弾けるようになる時代の到来を祈ります🍀 #松岡みやび #ミヤビメソード #ハープ #楽器 #音楽 #心理学 #心理カウンセラー #miyabimatsuoka #harp #harpist #血マメ #水ぶくれ #指 #吹奏楽 #打楽器 #オーケストラ #演奏法

ハープ奏者・心理カウンセラー 松岡みやびさん(@miyabi_matsuoka)がシェアした投稿 –


現在は日本各地だけでなく、アメリカ、香港、シンガポール、インドネシア等からも

レッスンに来ているそうで、ミヤビ・メソードを学ぶ人は約4,000人もいるそうです!

世界的奏者の松岡さんから直接教われるとはいえ、世界中から生徒さんが来るのは技術だけではなく、松岡さんの人柄の良さもあるのではないかなあと思いました(*´`)

スポンサードリンク

なぜ心理カウンセラーもやっているの?

ハープ奏者であり、心理カウンセラーもしている松岡さんですが、

ミヤビメソードを開発する過程で、

新しい演奏スタイルに必要だと感じたことがきっかけのようです^^

それまでは、指の技術だけ教えていましたが、
美しい音色を奏でるためには
指だけでなく心を整えることも指導しなければいけないと思い、
心理カウンセラーとしての知識も交えながら教えるようになりました。

ハープを弾くと心の声が聴こえる。

心の声が聴けると、ハープが美しく響く。

心理学と音楽は繋がっていると私は思っています。

具体的なエピソードは見つけることができなかったのですが、

私が思ったのは、

幼少期にお母様から植えつけらたトラウマから、

ハープを弾く事で松岡さん自身が救われている事があって、

自分と同じように何か心の病気で苦しんでいる人、トラウマで苦しんでいる人の

力になりたいと思ったから、自分にできるハープを心理学を組み合わせようと思ったのではないかなと思いました(・・)

音楽療法というものもありますし、沢山の苦労をしてきた松岡さんだからこそ、

優しい演奏とカウンセリングで沢山の人を癒せるんだなあと感じました(*´`)

旦那さんはいるの?

45歳とは思えないくらいかわいらしい松岡さん(*´`)

旦那さんはどんな人なのかと調べてみたのですが、

どうやらご結婚はまだされていないようですね^^

以前出演したテレビ番組で婚活中とお話していたり、

インスタでも婚活しているとトラウマがフラッシュバックすると

お話しているところから、確実な情報だと思われます!

今後、素敵な恋愛のニュースが飛び込んできたらまた追記します(*゚▽゚*)

スポンサードリンク

松岡みやびまとめ

カウンセラーとハープという不思議な組み合わせで活躍されている松岡さんですが、

松岡さんの過去を調べてみて、

壮絶な思いをしている中でもとても心優しい女性なんだなという

一面を沢山見る事ができました(*゚▽゚*)

素敵な音色を奏でている松岡さんの演奏は本当に聞いていて

心が癒されますし、なによりかわいらしい笑顔が素敵な方だなと思いました^^

嵐にしやがれでも素敵な演奏をしてくれるようなので、

楽しみにしていようと思います(*´`)

最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする