汪楠(ワンナン)経歴!ほんにかえるプロジェクトや怒羅権(ドラゴン)って何?【ノンフィクション】

おもしろ一般人




ほんにかえるプロジェクトとは?他にも活動してる?

壮絶な過去を持っているワンさんですが、

現在は受刑者更正の支援活動として、

『ほんにかえるプロジェクト』

というNPO法人を立ち上げて

活動されています。

 

自宅兼事務所には、寄付された

約7000冊の本があり、

多くのボランティアの方の力を借りて、

4000冊以上を受刑者に

送ってきたそうです!

FRIDAYデジタル
FRIDAYデジタルでは、芸能、事件、政治、スポーツのスクープ記事やコラムを毎日配信中。世の中の「裏側」を写真で伝えるニュースサイトです。

 

関わってきた受刑者は200人以上で、

その方達から手紙を受け取れば、

「なるべく手書きにしている。面倒だけど、これが大事」

公益社団法人 日本中国友好協会(日中友好協会)
日本中国友好協会(日中友好協会)は人の交流を軸にして多彩な事業を展開しています。

と必ず返事を書いているとのこと。

その手紙の中では、

「これまでの人生が不本意じゃなかったのか」と問いかけている。

FRIDAYデジタル
FRIDAYデジタルでは、芸能、事件、政治、スポーツのスクープ記事やコラムを毎日配信中。世の中の「裏側」を写真で伝えるニュースサイトです。

と常に向き合っておられるそうです。

現在は、路上生活者や外国人労働者の

支援もされていて、

心理療法のロゴセラピーの

取得に向けて勉強している

ワンさん。

 

決めたことは努力を惜しまない性格に、

慕っている方も多いそうで、

「金はないけど、今は充実している」

公益社団法人 日本中国友好協会(日中友好協会)
日本中国友好協会(日中友好協会)は人の交流を軸にして多彩な事業を展開しています。

 

この言葉に、

ワンさんが経験してきたことから、

自分と同じように苦しんでいる

人達を助けたいという、

真っ直ぐな思いが感じられて、

すごく応援したいなと

思いました!!

 

やっぱりすごく優しい人だと

感じました。

※追記

放送で、

本がなぜキーワードだったのかお話されていました。

 

それまで、社会に対して

怒りしかなかったのですが、

裁判にかけられた時、

最後に裁判から、

『君が好きな阿Q正伝を読んだ。

君の出生には同情する。

でも、罪の重さや責任は知ってほしい』

と言われたこと。

 

それまで誰にも理解されず、

怒り任せに生きていたと

思っていたのに、

自分に寄り添おうとしてくれたこと。

 

それで怒りの心が溶けたそうです。

 

阿Q正伝はワンさんの愛読書で、

自分の生き方に重ねていた主人公が

登場します。

 

それを裁判長の方は、

それを読んで自分のことを知ってくれた。

それがとても嬉しかったという

ことがあったそうです。

 

本当は孤独だったんですね。。。

※追記2

本を送るプロジェクトだけでなく、

出所してきた人を社会復帰させる為にも

活動しているワンさん。

 

携帯を無料で貸し出ししたり、

仕事を見つけてあげたり、

生活支援をしていました。

 

自身は、国籍の問題で

就職できないのに、

人のために

ここまでしてあげられる人って、

出演されていた方も言っていましたが、

本当に神様みたいな人だなと思いました。

 

でも、そんなワンさんの気持ちを

お金を持ち逃げして裏切る人がいたり、

困った時だけ頼ってきたり。。。

 

放っておいたらまた犯罪するかもしれないし、

サポートしてもどうなんだろうと

葛藤しているワンさんの姿に、

この人ってなんてすごい人なんだろう、

かつて最凶と言われていたのが

信じられませんでした。

 

でも、そんな人ばかりでなく、

ワンさんを助けたい、手伝いたいという

元受刑者の人がいることも事実で、

本当に人柄がすごい人だと思いました。

スポンサードリンク

汪楠(ワンナン)まとめ

怒羅権(ドラゴン)という

半グレ集団の創始者である

汪楠さん。

 

ですがその素顔は、

とても優しい人で、

自身が日本語がわからないなどから

受けてきた壮絶ないじめからの

怒りでドラゴンを立ち上げた

ということがわかりました。

 

最凶と恐れられていたドラゴンですが、

裏にはそんな背景があったんですね。

 

現在、ワンさんは自分が経験してきたことから、

同じように苦しんでいる受刑者を助けたいと、

受刑中に本に救われてきたことから、

全国の受刑者に本を送るプロジェクト

『ほんにかえるプロジェクト』を

立ち上げて活動されています!

 

お金がなく生活は厳しいそうですが、

とても充実しているという

ワンさんの言葉にとても

重みを感じました。

 

放送では、プロジェクトで

起きていることを

話してくれるそうなので、

見てみたいと思います。

 

最後までお付き合い頂き

有難うございました!

|スポンサーリンク|



おもしろ一般人
macoログ