南裏健康(ミナミウラさん/登山家)遭難が壮絶!南裏クライミングスクールとは?【激レアさん】




こんばんは、macoです^^

9/14激レアさんに

登山家の南裏健康さんが

登場します!

南裏さん、

なんと7日間岩に引っかかって

遭難して生還するという、

とんでもない激レアさん。

一体何が?

そんな壮絶な経験をして、

現在はクライミングスクールを

奥様と経営しているそうですが、

どんなところなのでしょうか?

気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

南裏健康(みなみうらたけやす)wiki風プロフィール

http://minamiura1024.web.fc2.com/

名前:南裏健康(みなみうら やすたけ)

生年月日:1957年

年齢:62歳(2019.9)

出身:奈良県

南裏さんは現在、静岡県に住んでいて、

(社)日本山岳ガイド協会に所属している

登山家さんです。

13歳の頃に登山を始め、

18歳から本格的にクライミングを

されています!

登山歴は、

ロータスフラワータワーオールフリー、

マッシャブルアルパインスタイル、

トランゴネームレスタワー単独新ルート初登など、

ビッグウォール、高所、氷壁など

http://minamiura1024.web.fc2.com/

世界中、場所を選ばずクライミングする

スタイルだそうです✨

スポンサードリンク

トランゴネームレスタワーでの遭難が壮絶

7日間の遭難のうち、

奇跡の救出をされた南裏さん。

1990年、32歳の時に

パキスタンのトランゴネームレスタワー(6,251メートル)

で単独登頂を成功させます。

頂上部分は人が一人

やっと立てるくらいだそうで、

https://www.youtube.com

ここからパラシュートで

下山しようとした際に、

風向きが変わって墜落してしまいます。

ここに立つだけでも怖すぎるのに、

パラシュートで飛び降りるなんて、

もうこの世の恐怖を超えてる

気がする…( ; ; )

岩にパラシュートが引っかかって、

なんとか生還。

奇跡的に怪我もなかったそうですが、

少しでも下手な動きをしたら

落ちてしまうかもしれない。

そんな状況でヘリでは

救助できない場所だったため、

仲間の登山家が救助に

登っていったそうなのですが、

その間は荷物を頂上に

全て置いてきていたため、

氷を食べて乾きを潤し

トランシーバーで仲間に励まされながら、

なんとか生存していたそうです。

無事救出された時、

体重は10kgも落ちて

しまっていたとのこと。

想像しただけで、

とんでもない恐怖ですよね。。。

もし強風が吹いたら

パラシュートが落ちてしまうかもしれないし、

布が破れて落ちるかもしれないし、

眠れなかったって言っていましたが、

もはや発狂ものだったんじゃないかなって

思いました。。。

こんな極限を生き抜いた南浦さん、

すごすぎる。

※追記

実際は、2日目に自分より横にあった40cmの

岩の出っ張りに、

パラグライダーの紐を外して移動し、

あぐらで座って6日間

過ごしていたそうです∑(゚Д゚)

そして、7日目にはパキスタン軍の

救助ヘリが来てくれて、

物資を手投げしてくれて

それを食べてなんとか生き延びたそう。

NEXT➡︎南裏クライミングスクールってどんなとこ?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする