響心総理って誰?高学歴でバンドマン、人間集会って何?wiki経歴、読み方【サンデージャポン】




おはようございます、macoです^^

6/16【サンデージャポン】に哲学者、パンクロッカー、人間集会代表、詩人という異名の肩書きを持つ響心総理さんが登場します!

最初に総理さんを知った時、

もはや肩書きに繋がりが無さすぎて、

何やっている人かわかりませんでした(笑)

人間集会なんて何やら怪しいワードも・・・((((;゚Д゚))))

そしてそもそも名前が読めない!

そんな謎の人物・総理さんについて面白そうなので調べてみました!

スポンサードリンク

響心総理wiki風プロフィール

https://rockinon.com

名前:響心総理(きょうしんそうり)

年齢:26歳

出身大学:神戸大学大学院卒

バンド:響心SoundsorChestrA(きょうしんさうんずおーけすとら)※現在は総理さん以外のメンバーは脱退して、事実上「総理」として個人で活動されているようです。

音楽家、アーティスト、パンクロッカー、詩人、脚本家、思想評論家、

てつがくしゃ、人間集会代表。

名前が読めなかったのですが、

「きょうしんそうり」と読むようですね^^

細かく言えば、

響心SoundsorChestrAの総理さん

ってことですね。

最初、総理の方が印象強くて『総理響心』かと思っていましたw

総理と聞いて危ない人な印象があったのですが、

心に響くと書くのが綺麗な響きで気に入りました(*´`)

バンドは?

総理さんは、バンド「響心SoundsorChestA」

ボーカルとギターを務めていました。

このバンドは2012年に結成していて、

日々の爆発しそうな感情をそのまま歌にするスタイル

で人気を博しています(*´`)

本人曰く

「言いたいことを大きな声で叫びたかっただけで、バンドをまとめるはなかった。」

翌年、自身が尊敬しているバンド【シリカ】と共演し、

その日を堺に「ロックバンドとは?」と探求し始め、

綺麗に歌詞を歌っているアーティストに疑問を持ち始めたといいます。

「ロックの答えを見つめるためにライブをしていた、売れるためではなかった。いつでも売るために他人にケルクを作るミュージシャンに嫌悪していた。他の存在を便所に思うようにした。 。ごめん。」

なんとも不思議な感覚をお持ちの方なんですね(・∀・)

言いたい事を何も考えずに言うのは、

周りの目を気にして言わない風潮のある日本の中で、

でも本当は言いたいことがあるという切り込みにくい所に、

本心のまま言葉にしている姿は清々しくて、

私個人的には便所って言い方は少し気になりますが(笑)、好きです(*´`)

スポンサードリンク

ライブの伝説がすごい

その後、数々のライブで伝説を叩きあげます。

2014~2015年にかけて、

●「ステージで共演者を名付けて批判する」「マイクを噛み切って感電する」

「ドラムダイブ」で出禁続出

●日本最大級のフェスCOUNTDOWN JAPAN15 / 16に出たときのステージでの「ギター叩き事件」

●出場フェスはすべて入場規制

本人は当時の事を、

学問に熱中し勉強しすぎて、現実と非現実の区別がつきにくく頭がおかしくなる。弁が立つ分相手を馬鹿に言ったが多く、ラジオの生放送で批判したバンドマンが生放送中に乱入してきたことも。

因みに音楽とは別で2015年に、

神戸大学大学院にも合格しておりそれが一番嬉しかったそうです(*´`)

受験勉強のしすぎで頭がおかしくなったという事だったのでしょうか・・・

神戸学院がどのくらいの難易度かはあまり知らなかったのですが、

調べてみたら併願校に早稲田大学や東京理科大があったので、

かなり難関校なんですね(>_<)

2016年、創作活動がいよいよ佳境にきて1日で15曲も浮かぶようになって

アウトプットが追いつかなくなってしまった総理さん。

音楽だけでなく、詩集「あばよ、思考なし現代人」を発売します。

この年はミュージシャンとしてのスタイルや考え方が徐々に変化していったそうで、

2017年にバンド体制で最後のツアー「Good-Bye Good -MUSIC」を行い解散

その後はトークイベントのMC、声優、ラジオ出演、雑誌への掲載など

幅広い活躍をされています(*´`)

「やっと自分が自分らしくなる感覚が蘇ってきた。 。」

独特な考え方や感性がある方なのかなって感じですね^^

でも、周りの目を気にせず自分の心の底にある感情に、

良いか悪いかは置いておいて素直な方なのかもしれません(*´`)

➡︎NEXT 人間集会って?在日韓国人なの?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする