井岡一翔が父親(井岡一法)と不仲なのはなぜ?結婚離婚と引退の関係は?【バース・デイ】




こんにちは、macoです^^

7/6【バース・デイ】にボクシング選手の井岡一翔さんが登場します!

井岡さんは、WBO世界スーパーフライ級で

日本人選手で初めて4階級制覇をした一流選手です(*´`)

一度は引退を表明し、アメリカで電撃復帰をしたり、

谷村奈南さんと離婚したかと思えば、モデル女性とスピード結婚したりと、

何かとお騒がせなイメージがありますよね(..)

その裏にはどうやらお父様との確執があるようで・・・

引退→復帰と短期間で繰り返す理由は結婚離婚?

気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

井岡一翔(いおか かずと)wiki風プロフィール

https://www.instagram.com

名前:井岡一翔(いおか かずと)

生年月日:1989年3月24日

年齢:30

出身:大阪府堺市

学歴:興國高等学校卒業・東京農業大学中退

家族:父(井岡一法)、弟二人

所属:Reason大貴ボクシングジム

中学1年で叔父の影響でボクシングを始めて、

高校卒業まで数々の大会で優勝します。

選抜大会、インターハイ、のじぎく兵庫国体の各大会で優勝し、

史上3人目である高校6冠を達成という、

若い頃からバリバリ強かったようです。

高校卒業後、大学で北京オリンピックを目標に練習に励みますが成績は振るわず、

「銅メダルもメダルなしも自分としては一緒」

https://ja.wikipedia.org

とオリンピックからプロに転向する方向に変えています。

プロ転向後は着々と成績を収めていき、2011年にWBC世界ミニマム級でチャンピオンを撃破、国内最速記録を更新する7戦目での王座獲得と、

平成生まれの選手としては初の世界王者となります(*´`)

お父様の影響でボクシングを始めたのかと思ったら、

叔父様の影響だったんですね!

小さい頃からバリバリ強くて順調にきていたのかと思っていたのですが、

オリンピックを目指していた中で一度挫折をしたというのは意外でした(..)

これだけ強い選手でもオリンピックってなかなかいけないって衝撃・・・

そこからWBA王者・八重樫東さんと統一戦を経て、

WBA世界ライトフライ級制覇、3度の防衛、

WBA世界フライ級に転向し制覇するという3階級制覇。

そこから5度の防衛を果たします。

2017年電撃引退を発表からの、2018年アメリカでの電撃復帰。

WBO世界スーパーフライ級で一度敗北したものの、

再挑戦で見事日本人初4階級制覇を達成します。

いやぁすごすぎる。

怒涛のファイターですね

ですが、この引退→復帰劇の裏には父・井岡一法さんとのひと悶着が度々あって、

それが不仲の原因なのではと言われているようです。

スポンサードリンク

父親(井岡一法)と不仲なのはなぜ?

輝かしい経歴の中で、度々お父様とのボクシングに対する考え方で衝突してきていたという井岡選手。

↓お父様の井岡一法さん。元プロボクサーでジムの会長さんです。

https://www.daily.co.jp

前提として、井岡はクシングに対しては非常にストイックで、肩書やお金よりも『強いやつと戦って自分の価値を証明したい』と、強者との対戦を望んできた。

ところが、父親はTBSと連携して、ジムにとってドル箱である井岡が確実に勝てるであろう相手を中心にマッチメイクしてきたんです。

https://biz-journal.jp

この考え方の違いが次第に父子の関係を悪化させていったようです。

そりゃあボクシングを純粋に楽しんでいるところで、

お前は金を引っ張ってこれればなんて考え方で接されたら、

嫌な感情がふつふつと上がってきますね・・・

しかも自分が戦いたい強者たちに挑戦する事ができない。

井岡選手の気持ちになったら、自立してやる!って

気持ちにもなると思います。

確かに強くなるにはお金が膨大にかかるでしょうし、

ジムの運営とかをやっていかなければいかないお父様の気持ちもわかりますが、なかなか井岡選手には受け入れずらい事だったのかなと個人的には思います(。・・。)

だから一旦電撃引退からの、自分でやりたいからアメリカで復活したんじゃないのかなぁと思いました。

でも、この復活はお父様は少しのようですが応援してくれているようで、

完全に和解をできたわけではなさそうですが、

少しずつでも時間はかかって良くなっていくといいなと思います(*´`)

きっと見守る親心ってあるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

離婚結婚と引退復活は関係あった?

プライベートでは、2017年5月に歌手の谷村奈南さんと結婚されています(*´`)

この投稿をInstagramで見る

安倍首相主催の晩餐会にどういった流れで招待を??とたくさんの質問をいただいたので読んでください🙂 今年二月、バングラデシュダッカ在住日本人会の皆さんに呼んでいただきライブパフォーマンスを行いました。 小学校を訪問しスピーチしたり(インスタ遡ってもらったら可愛い子どもたちと歌ってる動画があるよ)、また縫製工場をいくつか見学し貴重なお話を聞かせていただきました。 その機会に大使とお会いし、いろいろお話させていただきました。 バングラの現状について、特にわたしは”教育”について考えさせられました。 晩餐会のお話をいただいたときは本当にびっくりしましたが、とても名誉な事で素晴らしい経験になりました。 私をバングラデシュに呼んでくださった方々、イベントに関わった全ての方に感謝です。皆さんの愛、ずっと忘れないです。

Nana Tanimura OFFICIALさん(@nanatanimura)がシェアした投稿 –

めっちゃかわいい!!!

2018年2月に披露宴を挙げ、その年の11月に離婚

1年半という短い結婚生活のあと、

なんとモデルの一般女性と2019年6月にスピード結婚

しかも8月に子供が生まれるというスピードっぷり。

このあまりにも早すぎる離婚結婚劇が本人のモチベーションに

影響したのではないかと言われているようです。

2017年の引退前の会見で、父・井岡一法さんは

「結婚し東京に拠点を移して以降(大阪の井岡)ジムにはコンスタントには来ていない。週3、4回は走っていると本人は言うが、スパーリングもやっていない状態。」

https://gendai.ismedia.jp

と発言。

ここだけみると、

確かに結婚によってボクシングよりもそっちに情熱が傾いていたのかもしれませんが、谷村さんの支えがあって3階級制覇できたという発言が井岡さんからあったのを見つけたので、

お互いが足を引っ張る関係ではなかったのではないのかなぁと思います。

むしろお父様との確執の中で支えてくれたところがあったそうです。

離婚が直接の引退理由ではなさそうです。

余談ですが、じゃあなぜいきなり復活したのか?

新しい奥さんのためなのかなと思ったのですが、

本人は結婚した時に引退を決めていたというほど決意が固めていたといいます。

なのでこの理由で単純に復活を決める事はないのかなぁと

思ったところ、

「引退時点では全然復帰は考えてなかった」ものの、米でボクシングイベント「スーパーフライ2」を観戦した時に、米側から出場の打診を受け「新たな環境で新たに挑戦したい」と決意した

https://spoppi.com

との記述を見つけました。

お父様との確執の原因になっていた、

純粋にボクシングを楽しみたいという思いが、

実は引退の時に捨て切れていなくて、

運よくきっかけが巡ってきて再挑戦しようと思ったのかもしれませんね

スポンサードリンク

まとめ

見事4階級制覇を成し遂げた井岡選手!

お父様とはボクシングの考え方ですれ違ったり、

結婚や離婚を繰り返す中で、引退したり復活したりと

もしかして女性に振り回されているのかと気になりましたが、

実際は関係なく、井岡選手がボクシングに対して本気で楽しんでやりたいという思いが

今回の復活劇の裏にあったようです(*´`)

そんな井岡選手の気持ちを考えると、最初イメージは正直あまりよくありませんでしたが、

今後は応援していきたいなと思いました^^

最後までお付き合い頂き有難うございました♪

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする