にゃんこスター破局で今後は?別れた理由はスーパー3助の束縛?




こんばんは、macoです^^

縄跳びネタで一世を風靡した

にゃんこスターのアンゴラ村長さんと

スーパー3助さんが破局したそうですね∑(゚Д゚)

https://twitter.com/

2人はコンビであり恋人という関係でしたが、

破局してしまった今、

今後のコンビの活動はどうするのでしょうか?

気になったので今後や、

破局してしまった理由

調べてみました!

スポンサードリンク

にゃんこスター破局で今後は?ピンで活動?

ネットニュースを見ていたら、

『にゃんこスター破局』との文字が。

懐かしいなーと思ったのと、

まだ付き合ってたんだ!?とびっくり^^;

結構昔に流行ったイメージだった。。。

スーパー3助さんが同棲していたアパートを

出て行ってしまい、同棲解消と同時に別れたようですね。

そうなると、にゃんこスターは

コンビとしてどうするのでしょうか?

アンゴラ村長さんは、

『ブステレビ』で「別れても、逆にコンビは頑張っていこうと話しているんです」と明かし、破局を見越した話し合いをしていることをうかがわせていた。

https://www.excite.co.jp/

という事は、恋愛関係は終わったけど、

コンビとして仕事はしていくという事は

変わらない予定とのこと。

ですが、最近の2人の活動を見てみると、

どうやらその可能性も微妙なとこのようです。

お互いピンの活動も

あくまでアンゴラ村長さんが

そういう方針にしたいとのことでしたが、

最近の活動はお互いピンでやっているようです。

アンゴラ村長さんは新たなコンビを組んでる!?

うーん、これはもしかしたら

もう一緒にやっていくというつもりは

ないのかもしれませんね。。。

でも、Twitterの名前はお二人とも

にゃんこスターのままなので、

もしかしたら解散していないけど

活動はしないとかなのでしょうか?

スポンサードリンク

破局の理由はスーパー3助の束縛?

今回、スーパー3助さんが

同棲していたアパートを出て行った事で、

破局したというにゃんこスターのお二人。

破局してしまった理由は、

『世間から注目を浴びたことで、

静かに愛を育みたかった2人の関係が変わってきてしまった』

と言われています。

ですが、以前からお互いに不満がかなりあったそうで、

アンゴラ村長さんが言うには、

「一緒にいるのが当たり前になっちゃうので、出かけるときはひとこと言ってから出かけないとみたいな感じになっちゃうんですよ。ちょっとここに行ってくるからって言うんですけど、(3助が)嫉妬するんで、私がどこに行くのかだけじゃなくて、誰と行くかも聞いてくるし、一緒に行く人が私にどういう感情を抱いているのかも聞いてくる」

https://www.sanspo.com/

と、かなり束縛が激しかったそう^^;

これに対して3助さんは、

『自分より高学歴な村長さんが、

他の高学歴の友達に取られてしまうのではないか』

と不安だったとのこと。

うーん、自信なさすぎる気がしますね💦

その自信の無さから

束縛に走ってしまったんでしょうね。

他にも、

『朝まで芸人仲間と飲み歩いて夕方まで寝てる。

前はバイトしながらネタ作ったりと尊敬できる人だった』

とも言われていて、

安心しきっているのに束縛するって生活が、

村長さんが冷めて破局のきっかけになってしまったのかなと

個人的には思いました^^;

ですが、もともとは村長さんが

告白して始まった関係だそうなので、

完全に冷めているような感じもしなくて

出て行ったのは3助さんですが、

見捨ててはいないような感じはします。

真相は本人のみぞ知るですが、

以前にテレビで3助さんのことを

両親に紹介する幸せそうな村長さんを

見たことがあったので、

悪い終わり方してないといいなと

個人的には願っています(><)

スポンサードリンク

にゃんこスター破局まとめ

久々にお名前を見たなーと思ったら、

まさかの破局されてしまっていた

にゃんこスターのお二人(ʘ ʘ;)

◆今後はコンビ解散せずやっていくと話し合いがされていた

◆現在の2人は別々の活動をしている。

スーパー3助さんはピン、

アンゴラ村長さんはにゃんパーという新しいコンビを組んでいる

◆別れた理由はスーパー3助さんの束縛の可能性

◆それかお互いに不満があって耐えられなくなった?

ということがわかりました。

相方であり、恋人であることって、

想像以上に大変だったで、

改めて仕事のパートナーと

恋愛のパートナーが一緒って厳しいんだなと

思いました(><)

最後までお付き合い頂き

ありがとうございました!