桂福若(黒川清澄)の道頓堀に飛び込んだ理由がヤバいw現在や昔の画像【坂上シンソウ】




こんばんは、macoです^^

11/20の直撃!シンソウ坂上に

34年前に道頓堀に飛び込んだ

桂福若さんが登場します!

子供の頃、テレビで橋から

飛び込んでるニュース、

よく見かけましたよね。

あれ、なんで飛び込むんだろうって

疑問だったのですが、

なんと初代飛び込み総長が桂さん。

一体何者?

なんで飛び込んだの?

単純に疑問だったので、

当時の様子や飛んだ理由、

桂さんについて調べてみました!

スポンサードリンク

桂福若(黒川清澄)wiki風プロフィール

https://www.youtube.com/

名前:桂福若(かつらわかふく)

本名:黒川 清澄

生年月日:1969年3月11日

年齢:50歳

桂さんの現在の職業は落語家さんです( ・ᴗ・ )

子供の頃から歴史が好きで、

乃木希典という軍人の歴史人物に憧れていたのに、

高校での教育が『ヒーローみたいじゃなくてかっこ悪い!』

と中退。

荒れた生活で更生施設に入れられ、

そこで元軍人に遭遇して感銘を受けて、

「日本人、日本の国柄とは何か」を

再び考えるようになります。

そして道頓堀に飛び込んだことで退学になり、

父親が落語家をしていたため、

落語の世界に飛び込みます。

最初は風刺すぎた意見で仕事が来なくなりますが、

今では法律を学び、『憲法改正落語』という

日常のトラブルを扱った独自の落語を完成させています!

この落語は、憲法改正を面白く噺ているのですが

歴史が苦手な私でも楽しんで歴史の

背景を知れることができました(*’▽’*)

スポンサードリンク

道頓堀に飛び込んだのはなんで?

桂さんが有名な理由は、

1985年10月16日に阪神タイガースが優勝した時に

道頓堀に飛び込んだから。

飛び込んだ理由は、

友達との賭けに負けたから。

なんと本人は阪神ファンじゃなくて

巨人ファン!

阪神ファンの友達と『阪神が優勝するわけないやん!』

と揉めていて、

桂さんは

『じゃあ阪神が優勝したら道頓堀飛び込んだるわ!』

と啖呵を切ります。

結果、阪神優勝。笑

その結果、

あの歴史的シーンが生まれたそうですw

↓当時の桂さん

阪神ファンで喜びのあまり飛び込んだのかと思ってたら、

なんと本人は巨人ファン。

しかも尊敬していたのは王貞治さん 。

全然阪神ファンじゃありませんでした。笑

後日談ですが、

その様子がたまたま週刊誌に載って

話題になったそうですが、

その写真がきっかけで

当時桂さんは高校生でお父様が学校に呼び出されて、

道頓堀に飛び込んだ翌日に友達から

『再現してやー!』と

学校の池にも飛び込んで退学になったそう。

色々ぶっ飛んでる人でしたw

スポンサードリンク

まとめ

道頓堀に飛び込んだことで

一躍時の人になった桂さん。

そのおかげで学校を退学になるという

なかなか波乱万丈。笑

現在は落語家として活動し、

結婚して娘さんもいらっしゃるようです( ・ᴗ・ )

あの歴史的瞬間の裏に、

人生を変えるほどに

なっちゃってた人がいたのは

知りませんでした。

最後までお付き合い頂き

有難うございました!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする