細江健太郎(24時間ソフトボール審判)がすごい!ルールやなぜ4年に一度?【激レアさん】




こんばんは、macoです^^

2/15の激レアさんを連れてきた。に

24時間、1人でソフトボールの試合を

審判をしたという

細江健太郎さんが登場します!

24時間!?

とりあえず意味がわからない。笑

岐阜県には24時間ソフトボールなる

競技があるそうで、

気になったので細江さんについてや、

24時間ソフトボールのルール

なぜ4年に一度の開催なのか

調べてみました!

スポンサードリンク

24時間ソフトボールを1人で審判した細江健太郎さん。何者?なぜ1人?

岐阜県には『24時間ソフトボール』という、

名前のまんま本当に24時間試合をしている

競技が存在しています。

その行事自体も気になるのですが、

その試合を24時間

1人で審判をしていたという

細江健太郎さん∑(゚Д゚)

withnewsより引用

年齢は42歳だそうで、全然見えない!

もっと若い方かなーと思いました。

普段は審判は交代制でやっているそうですが、

なぜか今回は細江健太郎さん1人

一体なぜ?と思ったら、

『4年前の大会を長渕さんのライブで出場できなかったから

お詫びの気持ちがあって…立候補しました』

とのこと。笑

なるほど、大ファンのアーティストのライブは

行ける機会が次いつになるか

わからないから、

優先しますよね。笑

にしても、なんだかとても律儀な方なんですね!

しかも、24時間ぶっ通しで

審判をやり切ったのはすごいです✨

体育会系の方なのかな?

スポンサードリンク

24時間ソフトボールって何?ルールや4年に一度開催の理由は?

24時間ソフトボールは、

1995年位から地元の有志が

自然に集まってやり始めたのが

紀元だそうです( ・ᴗ・ )

現在は、「門和佐(かどわさ)」と「和川」という

二つの地区が競う形になっています!

2010年あたりからは地域の子供や

お年寄りの方も総出でやってみた所、

みんな楽しんでくれたので

4年に一度開催しているとのこと。

4年に一度の理由は、シンプルに

『毎年はきついから』なんですって。笑

確かに毎年あったら、

審判や運営者の人が大変そう^^;

ルールは120回まで!?

場所は、岐阜県下呂市の温泉街から

車で20分ほどの所にある

グラウンドで行われています( ・ᴗ・ )

そのルールは基本的に普通のソフトボールと

一緒なのですが、

びっくりするのはその回数。

普通は7回で試合終了なのですが、

この24時間ソフトボールは

なんと120回を想定∑(゚Д゚)


withnewsより引用

もはやスコアボードとはわからないw

24時間、時間も驚きですが

規模も想定外でした。

ちなみに得点に参加人数が加算されるという

ユニークなルールが存在しています!

参加した年齢にも加点があって

70代は2点、80代は3点加算されるとのこと。

変わった加点システムですが、

勝つためというより

地域総出で楽しみたいねって気持ちが

伝わってきますね^^

スポンサードリンク

3部に分かれていて、メンバー交代の概念なし。深夜も続行

24時間ソフトボールは

『小学生の部』『大人の部』『女性の部』

3部に分かれていて、

2時間程試合をして次の部に移っていくルール

1日試合をします!

女性の部もかなり熱いようですね!withnewsより引用

特に深夜に始まる大人の部は

30代中心になるそうで、

昼間とまた違ってかなりレベルが

高い試合が行われるそうです( ・ᴗ・ )

面白い人もいるんですねwwithnewsより引用

朝になると子供達がまた戻ってくるので、

夜中の部の大人たちは

『戻ってきた子達が自分のチームが負けてたら悲しむ』からと、

かなり本気モードとのこと。

なんか大人のかっこいい所を

垣間見た気がしますね✨

これもまた地域全体でやっている感が

良いなーと思いました!

スポンサードリンク

細江健太郎24時間ソフトボール審判まとめ

激レアさんを連れてきた。に出演していた

細江健太郎さん。

24時間ソフトボールという、

名前だけでも意味がわからない競技の審判を、

24時間1人で成し遂げたという

とんでもないお方でした。笑

放送では、何やらぶっ飛んだエピソードを

披露してくれるそうなので

楽しみにしていようと思います♪

最後までお付き合い頂き

ありがとうございました!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする