藤本京太郎(ボクサー)服装や髪型が派手すぎw本当の性格は小心者?【有吉反省会】




こんばんは、macoです^^

1/4の有吉反省会に

ボクサーの藤本京太郎さんが

登場します!

https://www.instagram.com/

藤本さん、日本人初の

OPBF東洋太平洋ヘビー級チャンピオンになったのに、

なんだか性格はかわいい雰囲気が…w

テレビに映りたくて街中ウロウロはヤバすぎる。

というか、服装と髪型が派手すぎて気になるw

藤本さんってどんな人?

気になったので派手な見た目の真相や、

性格について調べてみました!

スポンサードリンク

藤本京太郎(ボクサー)の性格がかわいいw

K-1世界チャンピオンで、

世界で活躍している藤本さん。

身長183cm、体重103kgと

がたいがめちゃくちゃ良い。

ですが、その性格は意外とガハハな大男系では無いようで、

試合前は周りから元気がないと言われるほど∑(゚Д゚)

以前のインタビューで、

はい……好きじゃないのでね……。ただただ怖いです。スパーも試合も、いつもこんな感じです。はぁ…と思いながらやってるんで。僕は格闘技には向いてない性格です、はい、まったくです。もっとアグレッシブで、アクティブな性格ならいいと思うんですけどね。これで見た目も地味やったらどうしようもないんで、こんなふうにしてますけど……はい。 https://www.bbm-japan.com/

あれ、イメージと全然違う。笑

テレビに映りた過ぎて、

『家ついて行ってイイですか?』の為に

終電後の池袋をウロウロしたり、

『月曜から夜更かし』の為に

大塚をウロウロしたり、

目立ちたがりの割には、

いい意味で豪快さはない方みたいですね( ・ᴗ・ )

↑甘いもの食べて笑顔の藤本さん。かわいい

https://www.bbm-japan.com/

もちろん世界チャンピオンになった方なので、

芯の強さはある方だと思いますが、

なんだか甘いものが好きだったり、

ピンクが好きだったりで、

なんかお茶目で目立ちたがりの

面白いお兄さんって感じ。笑

スポンサードリンク

藤本京太郎(ボクサー)の派手な髪型、服装の真相は?

藤本さんといえば、

赤い髪に派手なスーツと

とにかく見た目が派手!!

ボクサーの方って派手にするイメージが

そんなに無かったのですが、

第一印象でびっくり。

髪型もよく見たらかなりこだわりが!

※全てご本人のhttps://www.instagram.com/から

これだけ派手にしているのは

実は理由があるそうで、

有名になりたいというのもかなり大きいそうですが(笑)、

自身の覚悟の現れでもあるそうです。

楽しく生きていきたいし、もっと強くなりたい。チャンピオンで無ければ個性は台無し。何もない人が個性だけ出してもただの変わり者でダサいですから。結果を出しているからこそ個性が成り立つ。だから個性を出すことは覚悟だと思っています。 https://b-monster.fit/

幼い頃は姉達に勝てず、

父親がいなかったりお金が無い生活だった為、

『強くなりたい!』と空手を始めて

その思いがさらに強くなって、

『男として認められたい』『人として自信を持ちたい』

が目立つことへ繋がったとのこと。

最初はお茶目な人なのかなと思ったら、

テレビに出たい理由の裏に

自身の幼少期に抱えたコンプレックスが

あったんですね( ∵ )

ただの目立ちたがり屋って

うざがられますけど、

藤本さんみたいな目立ちたがり屋さんは

すごく応援したいなって思いますし、

是非テレビに取り上げられて、

もっと有名な選手になって欲しいなって

思いました✨

多分、がたい良いし、

一見怖い雰囲気で派手過ぎて

スカウトするテレビスタッフが

ビビってる気がするから、

普通の格好にしたら

髪型の奇抜さで興味持ってもらえて、

取材してもらえそうですよね。笑

果たして禊は達成できるのか?!

スポンサードリンク

藤本京太郎(ボクサー)まとめ

派手な髪型、服装で

個性的なボクサーの藤本さん。

目立つためにテレビに出たくて、

街中をウロウロと

世界チャンピオンなのに

なんだか可愛らしい方です。笑

ですが、ただの目立ちたがり屋ではなく、

自身のコンプレックスを克服して

『人として自信を持ちたい』と、

格闘の世界で戦っていたり

派手な見た目の裏にそういう自分になるという

覚悟があることを知りました( ・ᴗ・ )

放送ではそんな藤本さんのテレビに出たいという

夢はかなうのか!?

楽しみにしていようと思います^^

最後までお付き合い頂き

有難うございました!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする