ベンジャミン・フラットって元シェフ?年齢や妻との馴れ初めは?【情熱大陸】




こんばんは、macoです^^

8/11【情熱大陸】民宿主人のベンジャミン・フラットさんが登場します!

ベンジャミンさん、外国人なのに石川県で

和食宿をやってるという不思議なYouさん。

https://twitter.com

外国にいた時って元シェフだったの?

年齢や奥さんを単身追っかけて日本にきたらしいけど、

馴れ初めってなんだったのか、

色々気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

ベンジャミン・フラットwiki風プロフィール

https://twitter.com

名前:ベンジャミン・フラット

生年月日:1965年

年齢:54歳

出身:オーストラリア

通称:ベン

両親共に料理人で、家族でレストランを経営されています( ・∇・)

自身もシドニーのイタリアンレストランでヘッドシェフを勤めていたとのこと。

やっぱり元シェフ✨

ちなみにヘッドシェフとは日本で言う料理長だそうです!

ベンさん、トップシェフだったんですね!

宿『ふらっと』オーナー

1977年に能登にやってきて民宿『ふらっと』を始めます。

能登の天然発発酵味料である『いしり』を使った、

『能登イタリアン』という独特の料理を提供していますd( ̄  ̄)

●毛ガニの手打ちパスタ

https://tabelog.com

●ガーリックサザエとパン

https://tabelog.com

どれも美味しそう(⁰︻⁰)

イタリアンと和食って食材によってはめっちゃ合う気がする✨

スポンサードリンク

奥さんとの馴れ初めは?

ふらっとの女将さんである智香子さん

⬇︎真ん中の方です

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#民宿ふらっと #能登はよいところ #能登町 #平右ェ門 いつもお世話になっている能登町の民宿ふらっとさんに初めて宿泊してきました。 こだわりと趣のある素敵な空間とぜいたくな時間を過ごさせていただきました。 日本海を眺めることができる素晴らしいロケーションに感動し、日本家屋を活かした客室に感嘆‼︎ 夕ご飯はベンさんが作る能登の食材を活かしたイタリアン。魚料理を中心にしながら、そのなかに自家製の野菜や果実を取り入れていたのが印象的で、こだわりとアイデンティティを感じ感激しました‼︎美味😋 いしるなどの伝統食品や自家栽培の無農薬ゆずを使用したゆうなんばも造られており、ふらっとさんからは何だか文化の香りがするのです。 朝ご飯には、いまい農場の特別栽培米を使っていただいているのですが、後ろで食事されていたお客様から「ご飯、美味しい!」との声が聞こえて、とてもとても嬉しい瞬間でした😆 ぼくの文章と写真では伝えきれない魅力がいっぱいな民宿ふらっとさん!能登にてご宿泊をされる際は是非訪ねてみてください。 贅沢な時間の流れがあなたを待っています。

Kohei Imaiさん(@tanbo_bocchan)がシェアした投稿 –

智香子さんとの出会いはシドニー時代で、

当時留学生だった智香子さんと会ったベンさんは、

彼女を追って単身能登に来たとのこと∑(゚Д゚)

なんと異国の地まで一人追っかけて来ちゃったんですね(驚)

シドニーでどんな事があったのかはわかりませんでしたが、

相当惚れ込んだ女性じゃないと家族がレストランだから継ぐ事もあったかもしれないのに、

追っかけて来ないと思うので、よほど一目惚れとかだったのかもしれませんね^^

そのまま結婚し、智香子さんのご両親が営まれていた宿を引き継ぎ、

ふらっとを始めたそうです!

1997年の話なので、結婚して19年目なんですね( ・∇・)

スポンサードリンク

ベンジャミン・フラットまとめ

大好きな奥さんを追っかけてきて

単身石川県に来ちゃったベンジャミン・フラットさん。

宿のオーナーとのことで料理得意なのかな?と思ったら

元トップシェフだったんですね✨

奥さんとはシドニーに料理修行している時代に出会って、

奥さんが日本に帰ったのを追いかけて結婚したという

情熱な馴れ初めでした( ・∇・)

情熱大陸ではそんな行動力があって面白いベンさんの姿が見れると

思うので楽しみにしていようと思います♪

最後までお付き合い頂き有難うございました^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする